「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

■私の鼻の診断結果



先日恐怖の鼻づまりで書いた、耳鼻科にまた行ってきた。

(お読みでない方は、先にお読みください。)





その後の経過を診察するのと、

前回、何のアレルギーかを調べるために採血したので、

その血液検査の結果を聞くためだ。





今回からはインターネット予約が出来、

パソコンや携帯で順番待ち状況の確認ができるため、

待ち時間もわずかで診察の順番が来た。





名前を呼ばれて、診察用の椅子に座る。

カルテを見ていた先生が振り向き、目が合う。








先生 「(にやっ) あら、いらっしゃい。」






マロ 「あ、お邪魔します。」






先生 「その後、鼻の調子はいかがですか?」






マロ 「はい、薬がよく効いたのか、もう鼻がスースーです。

治ったのかもしれないです。」







先生 「どれどれ? あらぁ、ほんとねぇ~~♪」






マロ 「鼻の便秘が解消された気分です。」






先生 「ふふっ(笑) スコーンと通ったわけね。」






マロ 「もう薬飲まなくてもいいですか?」






先生 「だめよ。花粉はこれから大量に飛んでくるんだから。

飲んでおいた方がいいわよ。」







マロ 「これからが正念場ですね。」






先生 「そうよっ! バッフバフ飛んでくるわよ。」






マロ 「鼻の通りが良くなって、

余計に吸い込みそうな気がしてきました。」






先生 「ふふっ(笑) メガネやマスクしといた方がいいわね。」






マロ 「はい。」






先生 「それから、この間の血液検査の結果なんだけど。」






マロ 「何のアレルギーかを調べるやつですよね。」






先生 「そう。杉は確かにアレルギー反応が出てるでしょ、ほら。」






マロ 「あ、はい。これはかなりのレベルなんですか?」






先生 「ううん、たいしたことないの。

しかも、狙いをつけた雑草とハウスダストの

アレルギー反応がゼロなのよねぇ。」







マロ 「埃では死なないという親の教育が活きてるんでしょうか。」






先生 「ふふっ(笑) でもね、全体のアレルギー反応は相当高いのよ。」






マロ 「相当高いんですか。」






先生 「そうよ。これだけあれば立派よっ!」






マロ 「ありがとうございます。」






先生 「ふふっ(笑)」






マロ 「じゃあ、いったい何のアレルギーなんでしょうか?」





先生 「今は謎としか言いようがないわね。」






マロ 「私は、謎の物体にやられてるんですね。」






先生 「ふふっ(笑) そうよっ!!」










というわけで、

私の鼻は、謎の物体と日夜格闘しているらしいです。




私が奇抜な行動に走ったとしても、

それは謎の物体によるアレルギー反応と思って許してください。




m(_ _*)m






****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!
俵太の動画も見てくださいね。

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2005-02-25 21:50 | 栄えあるオマヌケぴーぷる

■若い鼻づまり男性美容師とのひととき



今日、美容室に行った。

席に着き、若い男の美容師さんが、私の髪の毛をブラシでとかしていた。






彼は風邪なのか花粉症なのか知らないが、

強烈に鼻が詰まっているらしく、苦しそうに口で息をしていた。






可哀想に...と思いながら、

見るとはなしに、手渡された女性週刊誌をパラパラめくっていた。

しばらくして、

彼の私の髪の毛をとかす手が止まっていることに、ふと気づいた。






鏡越しに彼の姿を確認すると、

ブラシを持ったまま、私の膝元にある週刊誌を覗き込んでいる。

へっ?と思い、開いていたページを見ると、


















インリンのM字開脚の姿が!

















ゲッ!どえらい格好してますがな。










しかし、鏡をチラッと見ると、美容師の彼はまだ週刊誌に釘付けである。

あっさりページをめくってしまうのも気の毒な様子。

かといって、「インリン、お好きですか? でへへ。」 と聞くわけにもいかぬ。








しょうがないので、しばらく放置した後、もうそろそろいいかな...と、

そぉ~~っとページをめくると、髪をとかす作業が再開された。






また鏡で彼をチラッと見ると、心なしか、ちょっと残念そうな顔に見える。






そこで、料理のページやファッションのページをめくっては、

時々、指ではさんでおいたインリンのM字開脚ページを開いてみせるという

サービスを開始する私。







すると予想通り、M字ページ(略すなっ)になるたびに、

彼のブラシやハサミの動きが止まる(笑)







しかも、彼は強烈に鼻が詰まっているので、

私の耳元でハァハァと口呼吸をするのが、めちゃくちゃ気になる。







そこで、もうこれがラストサービスですよ♪と心で伝えて、ページを開き、

ついでにちょっと私もじっくり見てみることに。







見ると、M字開脚だけでなく、ネコのポーズやらいろんな格好の写真が載っていた。

インリンも頑張ってるなぁ~~と思った矢先、







彼の詰まった鼻からピーピーという笛の音が。














君はやかんか。













どうやら興奮度が沸点に達したらしい彼であった。






****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!
俵太の動画も見てくださいね。

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2005-02-21 21:07 | 栄えあるオマヌケぴーぷる

■恐怖の鼻づまり



昨日の夜、テレビをつけたら、

「N.Tさんは、左側の鼻だけ詰まることを不思議に思っていた...」

というナレーションが聞こえた。







ん?私と同じ症状だわ....と思い、

ずっと左の鼻だけ詰まることを、気にしていた私は、

そのままテレビを見ていたら、

おどろおどろしい映像と共に、こんな内容が。







N.Tさんは花粉症だろうと放っておいたところ、

その後、歯も痛み始め、頬が腫れ、

やがて激痛でもがき苦しみ、死亡した。













N.Tさんは、花粉症ではなく、

上顎洞癌(じょうがくどうがん)という
ガンだったのだ。














Σ( ̄口 ̄)ええっ!!














花粉症の場合は、両方の鼻が詰まります。

しかし上顎洞癌の鼻づまりは、必ずどちらか片方だけなのです。























|||| ガ━━( ̄口 ̄;;━━ン!!||||



















なんだよ、もぉ~、イヤなこと聞いちゃったなぁ~~~。

....と思ってる間も、ずっと左の鼻だけ詰まっている私。









その後、夜遅く帰ってきた夫に、

「私の鼻づまりはガンかもしれないらしいよ。」

と、夫を脅すことによって、自分の気分を晴らしていた(爆)









時折、両方の鼻が詰まるたびに、

やったー!とか喜んでいたのだが、

やっぱり、すぐ左だけが詰まる状態になるのであった。








もう悶々とした気分のまま過ごしてもしょうがないと思い、

鼻も心もすっきりしたい!と、今日、耳鼻科に行った。















病院の扉を開けると、待合室は超満員であった。

この人たち全員、片方の鼻が詰まってるのかしら...と思いつつ、

ずーーーーっと待ち続けること、約4時間。

やっと診察の順番が来て、優しそうな女の先生に訴える。











マロ 「左の鼻だけ詰まってるんです。

昨日テレビで怖い病気と同じ初期症状だと知ったんです。」







先生 「(にやっ) 昨日のテレビ見て来られた方、多いですね。

相当脅されたようですね(笑)」







マロ 「はい。テレビに出てた人は、やがてもがき苦しんで死んだんです。」






先生 「死んじゃったんですか。」






マロ 「はい。享年62歳でした。」






先生 「ふふっ(笑)」






という会話があった後、鼻を診てもらった。












先生 「あ~~アレルギーがかなりありますね。」






マロ 「はい。花粉症です。」






先生 「杉だけじゃないみたいね。」






マロ 「以前は秋もひどかったので、イネ科もダメだと思います。」






先生 「あとね、だいぶ左の鼻の中が曲がってますね~。」






マロ 「曲がってるから、詰まるんですか。」






先生 「そそ。こーんな奥まで、狭くなってますね。」






マロ 「んじゃ、構造上の問題で詰まってるだけなんですね?」






先生 「アレルギーと構造上と両方ですね。」






マロ 「合わせ技ですか。夜中に息が苦しくなって目が覚めます。」






先生 「横になって寝ると、下になった方の鼻の穴は詰まるでしょ。

そして、上になった方の鼻は通るでしょ。」







マロ 「はい。」






先生 「だから、寝る時は、左側を下にして寝るといいですよ。」






マロ 「え? 詰まってる左側を下にするんですか?」






先生 「そうよ。もう左の鼻は捨てるのよっ!!!」






マロ 「す、捨てるんですかっ?!」






先生 「左の鼻を上にしたところで、通ってもほとんどわずかでしょ。

左を上にしたら、息のできる右側まで詰まらせるからね。

だから、左の鼻は捨てるのよっ!」







マロ 「なるほど。これから私は右の鼻で生きていくということですね。」






先生 「ふふっ(笑) そうよっ!!」









という診断が下ったので、

私はこれから右の鼻だけで生きていきます。




恐れ入りますが、私と会う方は、私の右側をお空けください。




m(_ _*)m










つづき → 私の鼻の診断結果







****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!
俵太の動画も見てくださいね。

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2005-02-16 18:30 | 栄えあるオマヌケぴーぷる

■マロ的東京探検記(上野編)


せっかくの3連休なので、昼から夫と東京見物に行くことにした。

どこに行こうかと考えたが、一番駅が近い京成電鉄に乗って、

終点の上野まで行ってみることにした。





a0021882_805856.jpg
上野到着ぅ~~






電車で30分くらいで、上野に到着。

やっぱりどこに行くにも便利な所に住んでいるようだ♪






駅を出ると、似顔絵描きのおじさんたちがズラーッと並んでいた。

その間の階段を上っていった先に、

お馴染みの西郷隆盛の銅像があった。

小学生の頃に見た以来だが、ずいぶんサバけた印象に。




















a0021882_882546.jpg
天才タカボン






偉大な人物に、こんなことをしてはいけませんっ(汗)






銅像の後ろを見ると、西郷隆盛という人物は、

なかなかのオシャレさんだったことに気づいた。









a0021882_8461864.jpg
ポシェットしとります










その後、上野公園を歩いていると、のこぎりで演奏しているおじさんがいた。



a0021882_8545610.jpg







横山ホットブラザーズの 「おーまーえーはーアーホーかぁー」

というのをやってくれるのかと待っていたが、

後ろでニラミをきかせてる奥さんらしい女が怖いのか

ずいぶんと美しい音楽ばかり奏でていた。








その後、上野動物園に行こうかと思っていたのだが、

ちょうど東京都美術館でミュシャ展をやっていたので、見学することにした。



a0021882_991537.jpg




ものすごい人気で、入場制限をしていた。

なかなか上品な絵画の数々であったが、

私が、人があまり見ていない、

ミュシャが鉛筆で描いた下絵ばかりに興味を持っていると、

夫に 「お前は、食いつき方がおかしい」 と言われる。








絵画鑑賞を終え、ちょっと高尚ぶって息が詰まった私たちは、

庶民的なところへ行こうということで、アメ横へ。


a0021882_9193991.jpg


a0021882_9252568.jpg



こうした魚介類のお店と、豆類のお店と、靴屋さんが目立っていたが、

こんな危険物を取り扱う店もあった。










a0021882_931249.jpg
爆弾屋


バクダンという巨大たこ焼き。1個200円。









その後、キョロキョロしてると、「そこの綺麗なお姉さん♪」と呼ばれる。

間違いなく私だと思い(殴)、振り返ると、

店舗を構えてるのではなく、露店販売している豆屋のおじさんだった。








「この1袋500円の豆を5袋で1000円でいいよ~」

と言って、袋を重ねて笑顔でこちらを見ている。

ちょっと見てみようと思って近づくと、

「んじゃ、6袋1000円でいいよ!」

と言った途端、










「買いますっ!!!」









と言って千円札を渡したのは、なんと無類の豆好きの夫。

こんなに潔い買い物をしている夫を見たのは初めてだ。








豆を買って大喜びの夫と、さらに歩いていくと、

露店の甘栗屋さんがあった。

今度は無類の栗好きの私の血が騒ぐ。








「この1袋500円の甘栗をまず2袋と~

おまけをザックザク入れちゃうよ~

ほぉ~ら、ほぉ~~ら、持ってけダァーーーッ!!

これで1000円!」












「買いますっ!!!」










こうして、夫の豆と私の甘栗をお土産にして帰ってきた。


a0021882_1015289.jpg
夫の戦利品の豆








さっそく豆を食べようと袋を開けた夫が 「あれ?」 と、つぶやく。

何かと思ったら、








a0021882_1052499.jpg
袋を立ててみたら、半分しか入っていないことが発覚








あらまぁ~~っと、あわてて私の甘栗の袋を開けてみたら、

「この1袋500円の栗をまず2袋と~」と言って入れていた袋をよく見ると、

栗が袋いっぱい入っている風に見えるように、

上げ底に巧みに折られた紙袋であった。








そして食べてみると、

半分くらいは、殻の中身が焦げて食べられない栗であることが判明。










_)(_










やっぱり都会は厳ちぃーのであった。






****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!
俵太の動画も見てくださいね。

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2005-02-12 10:36 | マロ的東京探検記

■ケーブルに変更して得たもの



先週末に、ケーブルテレビのインターネットサービスに変更した。

今回引っ越した場所は、ちょっと特殊な地域のようで、

50MタイプのADSLのインターネットサービスにも関わらず、

平均0.5~0.8Mくらいしか出ないらしい。

ひどい時は、こんな有り様だった。

そこで、地域性にあまり左右されないケーブルに変更した次第。

今回ケーブルにしたら、だいたい12~15Mくらい出ているようだ。(調子のいい時は20M)








もう写真もサクサク、動画もサクサク♪







今までが重かっただけに、余計に軽く感じて嬉しくなった私は、

あっちこっちのサイト見学をしていた。んで、思った。











どれも賢い記事ばかり。

みんな頑張ってるなぁ~











こんなマヌケなことばっかり、ちんたら書いてていいのかっ!


自分に気合を入れるためにも何か始めるかっ!










と思いながら、日曜日にテレビを見ていたら、

モーニング娘。のオーディションのお知らせが。(何のテレビ見てるんやっ)







「年齢詐称して応募してみるか...」

とつぶやいたら、間髪入れず夫に、







「ぎっくり腰になりそう...

とか言うとるヤツがなれるかっ!」



























_ (泣くなっ)











モー娘。全員のフルネーム言えるのに....(オーディションは筆記じゃないですから)




せっかくやる気を出したのに....(やる気の出し方間違ってます)




腰を治したらなれるかしら....(そういう問題じゃないです)




膝も痛いんです....(一番イタイのは頭という噂も)




どういう意味よ....(いやいや)




最近食欲がすごい....(よく食ってますよね)




かりんとうがうまいのよ....(バリバリうるさいです)




音がしないチョコだって食べてるわよっ....(威張らないでください)




チョコレートダイエットしてるのだ....(また変なもの見つけたんですね)




カカオポリフェノールが効くらしいよ....(効いたんですか?)




うるさいわねっ!!....(ダメだったらしいです)




私の味方はゲビ子さんだけだわ....(誰それ?)








というわけで、サイト巡りして、

私を勇気づけたゲビ子さん(4コマ劇場)をご紹介します。

旦那様が、奥様を4コマ漫画などにしているサイトです♪








ゲビ子さん(4コマ劇場)

4コマ漫画を全部見るには、カテゴリの「4コマ」をクリックしてください。







****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!
俵太の動画も見てくださいね。

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2005-02-08 18:50 | 栄えあるオマヌケぴーぷる

■節分のお楽しみ



昨日は私が大好きな節分だった。

何が好きなのか。

もちろん、巻き寿司丸かぶりである。






晩御飯は、巻き寿司を買ってきて、

リレーのバトンのように、巻き寿司を手渡せば終わりである。

こんな主婦にとってありがたい習慣はない。






夕方、ウキウキ気分でスーパーに豆と巻き寿司を買いに行った。

するとこの習慣は、こちら関東でも、すっかり有名になっているようで、

縁起を担ごうとした信心深い人たちではなく、

おそらく私と同類の不精な主婦たちが、


バーゲン会場のように巻き寿司を我先にと買い求めていた。






私は穴子入りのノーマルな巻き寿司が欲しかったのだが、

もうそんなのはすっかり売り切れてしまっていて、

サラダ巻き、ビビンバ巻き、トンカツ巻き...

と、ちょっと変わったものしか残っていなかった。






悩んだ末、3種巻きというものを買った。

ちょっと細めの巻き寿司が3種類入っているものだ。






夜、夫が会社から帰ってきて、

まずは豆まきを開始。

お隣と玄関が向かい合わせになっているので、ものすごい内緒声で、





「 鬼はぁ~~外...シーッ 」





と言って豆を2、3粒投げ、

夫がソックスのままコソコソッと玄関の外に出て、





「 福はぁ~~内... 」





とまた内緒声で家の中に向かって豆を投げ、

外に落ちた豆をサササッと拾って玄関の扉を閉める。

その後、ベランダや窓からも豆を小声で投げて終了した。







そして、いよいよ

メインイベントの巻き寿司の丸かぶり。







丸かぶりとは、恵方(今年は西南西)に向かって、

無言で巻き寿司をかぶりついて食べればいいだけ
であるが、


毎年、行事・習慣に疎い夫をもてあそぶのが私の楽しみである(笑)

今年もまた実行した。









マロ 「それでは、ただいまより、節分・丸かぶりの儀を行います。正座っ!

あぐらをかいてた夫が驚いて、飛び上がるように足を直す。

二人揃って、西南西に向いて正座する。









マロ 「 一同、礼っ!!



m(_ _*)m  m(_ _)m   ←深々とお辞儀










マロ 「それでは丸かぶりに先立ちまして、夫より、

祈願の言葉を申し上げます。ではどうぞ。










夫 「( ̄口 ̄) へっ?!










マロ 「どうぞ。









夫 「あ、はい。え~、え~~、か、か、家内安全...よろしくお願いします。」










マロ 「以上です。礼っ!



m(_ _*)m  m(_ _;;;)m











マロ 「それでは、丸かぶりに入ります。」

マロ 「無言でいただきます。始めっ!!









今回は、一人3種類(細い巻き寿司3本)を丸かぶりする。

1本目は、食べてみるとサラダ巻きであった。








私が1本目をゆっくり食べていると、

先に2本目を食べ始めた夫が、

のけぞったり、頭をかかえるようにして、ちょっと悶絶している。








喉でも詰まらせたか?と思い、

しかし無言で食べないといけないので、

夫にお茶の入った湯飲みを指差して、お茶を飲めと指示した。








その後、私も2本目を食べ始めた。中身はネギトロ巻きであった。

と、思うやいなや、









キーーーン!!グワッ!!!

中のワサビがめちゃくちゃ効いている!!









夫も相変わらず必死でワサビと戦っており、

二人してアウッ...という声を出して悶絶しながら巻き寿司を食べた。









頭がガンガンしながら、なんとか二人ともネギトロ巻きを食べ終え、

同時に3本目に入った。

なんと今度は、食べてみると納豆巻きであった。

これがまた、サービス満点の納豆の量である。











ねっばぁ~~~っ











二人とも、ひと口食べるたびに、口から糸を大量に引きながら、

巻き寿司を持つ手をクルクル回したり、

引っ張ったりして糸を切りながら食べた。









もう手はベタベタ。口の中はニチャニチャ。








最初張り切っていた私であったが、

大量のワサビと納豆に完敗して、

マロ 「以上で終わりまふ。 はぁ~っ。 あ...礼。」










_| ̄|○|||  _| ̄|○|||   ←いちおう、お辞儀


という有様であった...。







****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!
俵太の動画も見てくださいね。

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2005-02-04 22:04 | 栄えあるオマヌケぴーぷる

■花粉にやられ中



目がカイカイのショボショボ。







花粉にやれている模様。目が赤く腫れてコンタクトが入れられん。

ゆえに、視力0.01の超ド近眼の私はメガネをかけており、化粧もせず、


更にぶっさいくな女になっていて、外出自粛中。







そのメガネも度がキツくて、ただでさえコントみたいな顔になるのに、

購入したその日に、

プラスチックレンズをリスの俵太に齧られており、

視界に白い模様が見えるという有り様。

だから、今日はおとなしく家でテレビでも見て過ごそうと思ったら...












ピンポーン












ええっ!!誰か来たぁーーーっ。 


どうする、どうする?

出たらブサイク。出たらブサイク。

でも、誰が来たのか確認したい。







そこでインターフォンには出ず、抜き足差し足で玄関に行き、

そぉ~~っと 玄関の扉に顔を近づけ、

ドアスコープから来客を確認しようとしたら...










ゴンッ!!

メガネが扉に激突。




















( ̄口 ̄;;;) ゲッ!



















間髪入れず、

「お荷物で~~す♪」
















_万事休す。













しかし、どうしてもメガネの顔で扉を開ける勇気が出ず、

裸眼でハンコを手に持って扉を開けた。

おそらく笑顔で、荷物を手渡され、

「ハンコをココにお願いしま~す♪」 と言われる。













ココと言われても見えん。













宅配便の兄ちゃんの手にキスする勢いで

兄ちゃんが手に持った伝票に顔を近づけ、

伝票に目をこすりつけるようにして

印鑑を押す枠を見つけ出し、

鼻息荒くハンコを押したのだった。








****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!
俵太の動画も見てくださいね。

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2005-02-02 18:19 | 栄えあるオマヌケぴーぷる

■マロ人間度チェック!



先日ご紹介した県民性チェックの「ご当地の踏み絵」はチェックされたでしょうか。







そこで今回、私マロの、


マロ人間度チェックを作成いたしました(作らんでええっ)


「あなたのマロ人間度」 を是非チェックしてみてね(爆)






※前回の県民性チェックがまだの方は、是非お先にどうぞ→ ご当地の踏み絵

マロ人間度チェック・・・・スタート!(クリック)
[PR]
by season-maro1 | 2005-02-01 00:57 | あ・た・し