2005年 09月 10日 ( 1 )

■マロ的東京探検記(浅草編)


今回は浅草に行ってみた。




先日行った両国、その前に行った上野と近く、

三角形の位置関係にあることがわかった。


a0021882_2219932.jpg





お昼過ぎであったため、まずは腹ごしらえ。

今回も、街で美味しいとされてる店で食べてみたいと思い、

食べるところだけは、ネットで調べて行った。








今回は、創業200年以上になるどぜう料理の老舗へ。








普通のビジネス街に、突如現れるいかにも老舗ですという店構え。

完璧に雰囲気だけで、ここはうまいと言ってしまいそうだ。

a0021882_2219196.jpg
どぜう料理 駒形どぜう








店内は、竹ござが敷いてあり、

テーブル代わりに置かれた幅50cmほどの板を挟んで座る。

a0021882_22195629.jpg









今回は、なべ定食(2400円)と柳川定食(2200円)を1つずつ頼んでみた。

a0021882_2220312.jpg







あ~美味しい。 人気があるだけあって、全然臭みは感じない。

見た目以上におなかいっぱいになってしまった。







さて、浅草の街に繰り出そう!と、駒形どぜうの店を出ると、

すぐ横で、なにやら賑やかなメンバーが並んでいた。






a0021882_22201189.jpg







なんだなんだと思ったら、

キャラクターや玩具メーカーでお馴染みのバンダイのビルであった。

江戸時代の建物を出たら、いきなり未来系?キャラクターがお出迎え。

なんか不思議な感覚を味わいながら、通りを歩いていくと、







a0021882_22201782.jpg
向こうの方に、浅草名物 「雷門」 が見えてきた










普通のビジネス街の途中から、

突然THE日本のテーマパークが始まるようだ。










いよいよだなと思いながら雷門に向かって歩いて行くと、

いたいた! 雰囲気盛り上げ隊がっ!










a0021882_22202493.jpg
人力車屋さ~ん



女の子も人力車を引っ張るようだ。













そして、ついに浅草雷門に到着ぅ~。







a0021882_22203194.jpg
そこらじゅうで記念撮影の嵐








a0021882_22204229.jpg
外人も大喜びで記念撮影中








じっくり雷門のちょうちんを見てみる。







a0021882_2220366.jpg
ん~やっぱりでかい。



高さ4m、直径3.4m、重さ670kgだそうだ。

松下電器提供であるらしい(爆)









ちょうちんの下をくぐる時、ちょうちんの底の部分を覗いてみたら、








a0021882_22204725.jpg
立派な龍が彫られていた









そして雷門をくぐって振り返ると、

a0021882_2221463.jpg




ちょうちんの表は雷門と書いてあったが、

裏は、風雷神門と書いてある。

ちなみに、門の正式名称は風神雷神門というらしい。

その横に立っている像の顔をよく見たら、










a0021882_222193.jpg
猪木してた










次は、雷門から続く、仲見世だ。










a0021882_22211865.jpg
人間うじゃーーっ









チマチマと、いろんな店が並んでいる。

ターゲットはやはり外国人なのか、

普段あまり見ることのできない日本を感じさせるお店がある。









a0021882_22213987.jpg
和傘屋さぁ~ん








a0021882_22214933.jpg
刀屋さぁ~ん










そして、縁起物の招き猫を扱うお店もあったが、










a0021882_2222310.jpg
ちょっと招き過ぎ










私が欲しかったのはこんな品々。









a0021882_1201930.jpg

なんか無性に欲しかった漢字モノ

a0021882_120279.jpg










それと...









a0021882_22222227.jpg
電車の路線図ハンカチ



このハンカチは、便利そうなので、マジで買えばよかったと後悔した。













そんな品々を見ていると、いたー!

熱心に日本のお土産を選んでいる外国人が。











a0021882_22223469.jpg
真剣に浴衣を選定中








やっぱり日本の土産といえば、浴衣や着物だよね。

でも買って帰って、着方って、わかるのかな?と心配していたら、

帰ってから困らないように、ちゃんと着付けの見本が横にありました。




















a0021882_22224023.jpg
そんな着方はしません












a0021882_2222453.jpg
百姓一揆にお出かけですか?









着物や浴衣の着付けは難しいとお嘆きの外国人の方には、

こんなのもございます。日本人はみんな着てますよ。










a0021882_22225886.jpg
龍や風神雷神柄のアロハ









よく見ると、ひと目で日本土産ということが、わかるようになっている。









a0021882_2223656.jpg
タグは、「日本」!




素晴らしい。わかりやすー。









こんなお店がズラズラと続いてるのだが、

日本人に人気で、たくさんの人が買って食べているお店があった。








a0021882_22231817.jpg
あげまんじゅう屋さん






a0021882_22232316.jpg
買って食べてみました







うまぁーーーい!!

揚げたてをそのまま食べるのだが、実に美味しかった。

浅草に行かれたら、是非揚げたてを、その場で食べてみてください。








あげまんじゅうを食べながら、脇道を入ってみると、

仲見世のお店の裏を見ることができた。









a0021882_22233543.jpg
コンテナっぽい







店の裏側を見たついでに、

脇道をちょっと歩いてみることにした。







a0021882_22235124.jpg
露天風のお店が続く伝法院通り







さらに歩いて行くと、浅草公会堂という建物脇で、







a0021882_2224312.jpg
やたらみんなが下を見ている







なんだろうと思って近づくと、







a0021882_22241230.jpg
浅草のハリウッド



スターの手形がずらり。









そしてさらに歩いて行くと、最近整備されたような町おこし風の道に出た。








a0021882_22242223.jpg
浅草六区通り









この道を歩いて出た先には、

これぞ、本家浅草であろうと思われる、各種演劇場が目白押しであった。









a0021882_22242741.jpg
浅草演芸ホール






a0021882_22244012.jpg
大衆演劇 浅草大勝館






a0021882_22244662.jpg

ロック座

a0021882_22245885.jpg



ここは、確かツービートが有名になる前に

ヌードショーの合間に舞台に立っていたところだ。

ロック座のロックは六区という地名からきているようだ。









a0021882_2225410.jpg
浅草名画座


めっちゃ昔の映画や、寅さんを絶賛上映中。






その横には、浅草新劇場などもあり、

振り返ると、こんな感じ。




a0021882_22251642.jpg
左にはJRAや立ち飲み屋さんがあり、おっちゃん多し







昔から演劇の町だったんだなぁ~と実感した。

通りの途中には、そんなことを更に感じさせる神様が。







a0021882_22252343.jpg
六芸神










かなり浅草らしい部分を満喫して、元の仲見世に戻った。

そして、寄り道が多かったが、やっと仲見世を出た。




a0021882_222534100.jpg
浅草寺に到着








なかなか立派なお寺である。

中に入ると、








a0021882_22254078.jpg
天井には、天女の絵









なんだかちょっと夢心地気分であるが、下に目を移すと、









a0021882_22255150.jpg
巨大賽銭箱








そして、寺の境内にあちこちあったのが、こんな感じのおみくじ。








a0021882_22255732.jpg

セルフサービスでお願いします

a0021882_222634.jpg








なんかイマイチ引く気になれなかったのだが、

みんな、おみくじだけでなく、願い事が多いようで、

絵馬もたくさん吊るしてあった。

ここ浅草寺の絵馬は、ちょっと変わった形をしている。








a0021882_2226860.jpg
たまねぎ型










みんなどんな願いを書いているのか、勝手ながら、

ちょっと拝見してみた。










a0021882_2226186.jpg




a0021882_2344386.gif




a0021882_22262469.jpg
稲垣さーん、呪われてますよー










ちょっと怖いものを見てしまったと思いながら、

浅草寺の奥の通りへ向かった。






a0021882_22263444.jpg
花やしき通り









この花やしき通りを抜けたところに、

甲子園球場を思い出させるツタに覆われた建物があった。

どうやら温泉らしい。







a0021882_22264129.jpg
浅草観音温泉








看板のキャッチコピーが、とってもレトロで味がある。








a0021882_22265283.jpg



ちゃんと営業中(笑)











そして、有名な元祖遊園地に到着ぅ~。







a0021882_22265821.jpg
花やしき







せっかくなので、入ってみることにした。入場料大人一人900円。







a0021882_2227924.jpg

遊具も人間も狭い敷地にすし詰め

a0021882_22271583.jpg









その中でも、特に人が多く集まってるところに行くと、

小さなステージで、パフォーマンスショーが始まった。








a0021882_22272314.jpg
騒音おばさんも真っ青









なんか退屈なのでフライドポテトでも食べようかなと売店に行ったら、









a0021882_22272917.jpg
気持ち悪くて止めました











上を見上げると、ジェットコースターがカタカタと上がっていっている。








a0021882_2227415.jpg
赤い矢印のところに何かあるみたい








次のジェットコースターが来るのを待っていたら、出たぁー。








a0021882_22274871.jpg
手作り感いっぱいのおばちゃんの顔の看板がお見送り








また、視線をジェットコースターの後ろにずらすと、








a0021882_22275428.jpg
どっかのおっさんが工事中









a0021882_2228051.jpg
人形だった









なんか、全てが文化祭のノリのような遊園地である。

ちなみに、先ほどのジェットコースターは、その後、









a0021882_22281032.jpg
風呂屋に突っ込んでいってました











というわけで...












a0021882_2228179.jpg
せっかくなので乗ってみることにした








待っている途中に書いてある看板が、

普通と違う怖さをアピール








a0021882_22282762.jpg
大丈夫なのか?











順番がきた。











a0021882_22283972.jpg
先頭座席になりました










さきほどの工事のおっちゃんが見える。

そして、カタンカタンと上がっていくと、











a0021882_22284578.jpg
出たぁーーーっ!!








鼻毛とヒゲがあるようなので、おばちゃんではなく、おっちゃんらしい。









a0021882_22285185.jpg
上から見た図









んなことしていると...









a0021882_2229128.jpg
こんな民家みたいなセットのすぐ横を通り抜ける










この辺で、不覚にも振動でシャッターと間違えて電源ボタンを押してしまって

写真がないのだが、

その後、さっきの風呂屋に突っ込み、











おおっ!やっとスピードが出て盛り上がってきたー!と思った瞬間、


キキーーーーッ!


と物凄いブレーキがかかって、終了ぉーーー!









あまりのあっけなさに笑いが出るので、オススメです。












こうして乗った乗り物はジェットコースターだけだったが、

もう十分満喫したので、花やしきを出て浅草寺へ戻ることに。











かなり濃い~遊園地だったので、

ちょっと普通の感覚に戻りたくなってきた頃、












a0021882_22291210.jpg
あ~、地元のごく普通の親子連れだぁ











と思ったら、











a0021882_22291892.jpg
わけわからんTシャツ着とります








なぜに、もちはだ?

その下にかいてある、Tsukutyan(つくちゃん)というのもわけわからん。












最後に、浅草寺に戻って、改めて境内を見渡すと、

あちらこちらに、こんな看板が出ていた。









a0021882_22292769.jpg
ハトなんか大嫌いらしい












と思ったら、












a0021882_22294277.jpg
人形焼にして食ってたりします








よーわからん(笑)

浅草は、なんでもアリで、楽しければそれでよしという、

息もつかせぬ下町の活気に溢れている街であるようだ♪







****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!
俵太の動画も見てくださいね。

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2005-09-10 05:02 | マロ的東京探検記