2005年 01月 06日 ( 1 )

■新年本当のご挨拶



新年ぱぁ~っと明けまして、



おめでとうございます。








いよっ! 日本一!(何が?....知らん)







というわけで、2005年が始まって6日目ですなぁ~~。

そうそう、前回年末に書いた記事(予言)が、1つ当たってませんでしたね。



何負けてるんや、白組っ!!!

曙を見習えっ!!!




と、大晦日の夜はテレビの前で絶叫しておりました(爆)









えー年末年始の我が家の様子はというと...

メインはやっぱり私の超能力ショーであった(笑)







「このスプーンを曲げたら認めてやる!」

と、父・母・兄・兄の子供全員で必死で選んだらしい、

一番でかくて頑丈なステンレス製スプーンを手渡される。

クリスマス頃に家で曲げたスプーンよりもはるかに頑丈なスプーンで、

父や兄が力で曲げようとしてもビクともしない。







そのスプーンを見事に、ヘアピン状に曲げたところ、









( * ̄ー ̄)ノ∩ ぐにゃり



(;; ̄ 口 ̄)( ̄ 口 ̄)( ̄ 口  ̄)( ̄口  ̄)( ̄口  ̄;;)









と、かなりビビらせることに成功しました(笑)









あとはどんな感じだったかというと、

まず12月29日に実家に戻ると、超甘党の父に、

「まんじゅうが帰ってきたぞぉーーっ!」

という声で出迎えられ、

空港の手荷物チェック以上に厳しい

手土産チェックを受ける。







その後、預かってもらっていたリスの俵太

3ヶ月ぶりに対面し、感動の再会を味わっていると、







「まんじゅう食えー!」

と父からの命令。







呼ばれて行くと、これは甘党のおせち料理か!と言いたいくらい、

こたつの上に、

まんじゅう、もなか、クッキー、アンパン、かりんとう、羊羹、チョコレートその他が山盛り置かれていた。







父は必ず 「どれが美味いか?」 と感想を求めてくるので、

全種類を食べないといけない。

日本茶をがぶ飲みしながら、なんとか食べ終えた頃、








♪(* ̄▽ ̄)_旦~~


「お母ちゃん、駅でケーキ買ってきたんで」


と言いながら、ケーキとコーヒーを持った母が笑顔で登場。









<( ̄◇ ̄)>うわぁああああ!









年が明けてからは、

父が朝から 「この、あん餅の味はどうや?」

またうまい具合に疑問形で餅を勧めるので、

仕方なく1個食べて、美味しいよと言った直後に、母が、







「マロちゃん、お雑煮の餅は何個?」と聞くので、

「1個でいい」と答えると、







( # ̄口)<炎炎炎ボォーー 


「んまぁ~っ!3個くらい食べなさいよっ!

餅が余るやんか!!」







と言われ、丸餅3個入りのお雑煮(白味噌仕立)を強制的に食べさせられる。

何のために餅何個?と聞いてきたのかわからない...。







とまぁ、こんな日々が続き、またムチムチして帰ってきた私ですが、


今年も、どーぞヨロシクねぇ~~ん♪


*
3 ̄)ノ⌒ チュッ






****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!
俵太の動画も見てくださいね。

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2005-01-06 12:18 | 栄えあるオマヌケぴーぷる