2004年 07月 30日 ( 1 )

■伝染するオマヌケ一族



以前、仕事が終わって家に着き、

玄関のドアノブに電車の定期券を見せている自分

に気が付いたことがある。





ハッと我に返り、周りを見渡し、

誰にも見られなかったことを瞬時に確認して、すまして家に入った。













やはりマヌケの血筋か?










 
家に入り、あまりに似たマヌケぶりを以前、私のがやっていたことを思い出した。






以前父は、旅行先のしゃれたホテルに着き、部屋に入ろうとした際、

部屋のカギをドアののぞき穴に差し込もうとして、

母と私の目を点にさせたことがある。







 
また昔、実家ではチャウチャウ犬という毛の長い犬を飼っていた。

当時は、名前もあまり知られておらず、とても珍しい犬種だったので、

散歩をしているとよく質問された。




そんな時、父は毎回こう答えていた。
 










「まあ、珍しい犬ですねぇ。なんていう犬なんですか?」


「はいっ、太郎ですっ!
 

犬の名前違いである....。
 









また家族に何かの指示を出す場合は、必ず名詞が間違っている。
 


 
コタツに水を入れろ! → 風呂に水を入れろ
  
飛行機に乗れ! → 車に乗れ
 
早く洗濯機に入れ! → 早く風呂に入れ



 
家族は、そうした言葉にあ・うんの呼吸で的確な行動をとるのであった。
 









 
しかし、マヌケな行動は父だけではなかった。
 
も負けてはいない。







 
私の母は、同窓会に出席した帰り、同級生と帰る方向が同じことを知り、

「 車で送っていってあげるわ! 」
 
とわざわざ声をかけ、同級生を乗せて、

高速道路を逆方向へまっしぐらに突き進んだ女である。





 

そして、1時間以上走ったところで、目指すインターチェンジがないことに気が付き、

「 最近なくなったんかな~ 」 と真顔でつぶやいたらしい。
 








また、還暦をとっくに過ぎた歳にもかかわらず、

テレビゲームが何より好きである。






 
昔は、私が学校から帰ると、「早くやりなさいっ!」

と勉強ではなく、ゲームをやれと命令していたのである。





 
 
そして必ず私の横に嬉しそうに座り、ゲームを見ていたのだった。
 
私が 「 もう眠たい 」 などと言おうものなら、











「 んまぁ!もっと頑張ってやりなさいよっ! 」










と叱りつけ、なかなか寝かさないという変わりぶりだ。

そのくせ、横で居眠りをする。そして突然目を覚まし、
 









「 鍵! 」









などと謎の寝言を叫ぶのだ。











私が結婚した後は、ついに自分でゲームをやり始めた!

もう必死でやっているらしく、

机の上にはロールプレイングゲームの内容のメモがいっぱい置いてある。
 


そんな中の、










「 西に30M 東に70M進んだ所にほこらが在り、

そこのお爺さんに薬草をもらう 」
 











などと書かれたメモを、父が見つけ、












父はメモを片手に、


家の周りを歩き回ってほこらを探したという、


マヌケの連鎖も起こっている。












またも負けてはいない。 兄は私より8歳年上である。








ある朝、

「 朝一番で、上司に謝りに行かないといけない気がする。

それが夢か現実かわからなくなったから、とりあえず行ってくる! 」








と言って急いで上司宅に伺い、いきなり平謝りしたところ、

「?」 の顔をされたと肩を落として帰ってきたことがある。









父と兄の男に共通しているのは いびきがデカイ ということで、


母と私の女に共通しているのは 激しいねぼけ をするということである。








 
....で、私は普通の ぬけていない男 と結婚したハズだった。
 
しかしはまず、オマヌケ一族の男の象徴であるデカイいびきを負けじとかいた。









ある晩、夫の過激ないびきで目を覚ました私は、昼間のテレビを思い出した。












「 いびき予防には、

あごの下の首のツボをマッサージすると効果があります 」












そうだやってみよう!




 
私は、夫の首に手をやり、あごの下あたりをそっとマッサージしていた。 

すると、夫は突然目を覚まし、絞め殺される!と思ったらしく、













「 ひ、ひゃぁぁぁ~~~ぁああ! 」 

と叫んで、私を逆に驚かせた。











 
また真夏のある日、夫はテレビの天気予報を見ていた。


翌日の最高気温と前日との温度差の表示を見ていた夫は叫んだ。











 

「 うわぁ~~!

明日の最低気温、マイナスやーーっ!










マヌケは伝染するらしい....。(完)









****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!
俵太の動画も見てくださいね。

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2004-07-30 07:58 | 栄えあるオマヌケぴーぷる