2004年 07月 14日 ( 1 )

■ドキドキのお昼時間!



今朝、我が家の賃貸マンションの管理会社から電話がかかってきた。

「下の階の方のベランダの工事をする都合で、ちょっとお宅様のベランダの状態を見せて欲しいのですが」

というものだった。








大変じゃないか!








何が大変って、部屋で放し飼いにしているリスの俵太を隠さなければいけない!!

ちなみに俵太の姿はこちら。










業者の人は、お昼の12時~13時の間に来るという。

たいていは俵太がお昼寝している時間だから大丈夫なハズだ。






しかし以前、消防の点検の時、移動用のケージに俵太を入れて風呂場に置いていたら、

点検中に風呂場で、不安になった俵太が、


キュイーーッス! キュイーーーッス!

と鳴きまくって、夫と嫌な汗をかいたことがあるので、

もう、ケージに入れて隔離するのは恐い。






たいていは、いったん爆睡してしまうと周りで相当ガサガサしても起きてこないから

12時までに寝かしつければ大丈夫だ。






ちなみに俵太は、プラスチック製の引き出しでいつもこんな感じで寝ている。








そして今日、朝から俵太を少し疲れさせようと、運動させ続けた。

俵太はいつになく元気で、嬉しそうに走ったり飛びついたりしている。






その後、俵太の全身をマッサージしていると、

いつも通りのうっとり顔になってきた。









そうこうしていると....11時半過ぎに、寝た。









いやったーーーーーっ!

キュイッ!なんて寝言は言うなよ。








でもやらなければいけないことが残っている。

俵太に齧られて汚くなっている壁紙を隠さなければいけない。





ドキドキ....緊張してきた。





そして、とっても不自然な感じではあったが、

あちこちにティッシュボックスやバッグを置いて隠した。







もう大丈夫か? ドキドキドキ...







ああっ! ペットシーツが丸見えだ!

あわてて回収し、和室に置いてふすまを閉める。







もうないか? ドキドキ、ハラハラ....








ああっ! さっき砂浴びしていたから、を掃除しなければいけない!

床がジャリジャリしていたら、こいつら土足で暮らしてるのかと思われてしまう。

掃除機をかけたら俵太が起きるので、ホウキで掃いて雑巾がけをする。







他に抜かってる所はないだろうか...ドキドキ、ドキドキ....








普段やることのない、指差し確認を行う。








ああっ!! 床に俵太のエサが置いてあった!!

いくらなんでも生トウモロコシやサクランボ、ゆで卵、枝豆、オレンジジュースなどが

床に転がってたら、こいつらどんな食生活してるんやっ!と思われるに違いない。

慌てて撤去。








もう抜かってる点は無いか? ドキドキ、ハラハラ...








ああっ!! 俵太のフンを発見!

こんなものが転がってたら、こいつらどんな排泄物を...いや、それはないな。

急いで取り除く。









あーー、緊張する!!!  ドキドキドキドキ...








もう12時半過ぎている! 遅いじゃないかっ!!

こんなドキドキすることは、さっさと終わって欲しいのにぃー。

と、焦りながら家の中をウロウロ、ウロウロしていると、




















俵太が、こっち見てるやんかぁーーーっ!!!


ええっ! 起きたの?!


















出てきてるぅーーーーーっ!

あーっ、ちょっとちょっと、待ってーーっ!待ってぇーーーーーっ!












心臓バクバク、心臓バクバク!!!










どうしよう、どうしよう。

あーー、今日は特別にいつも出入り禁止にしてる和室に閉じ込めておこう!







「俵太ぁーーーーっ、こっちこっち、そそ、こっちおいで~~~、よし入った!!」








ピシャッ!(ふすまを閉める) ほぼ同時に、


ピンポーーーーン!







うわぁ~~~~間一髪!

エアコンが効いた部屋なのに、すでに汗だくの私。







「どうもぉーー、突然のお願いですみませーん。すぐ終わりますから!」

と業者の人が入ってきた。

とびっきりの笑顔で迎える私。








業者の人が事情を説明していると、和室で、

カサカサカサ....という音が...。








人の話を聞いているにも関わらず、

さりげなぁ~~く、うなづきながらテレビのボリュームをリモコンで上げる私。








ゴトン...








ゲッ! 和室の俵太が何かを倒したらしい。 

冷や汗がさらに吹き出る。 しかし、ひるんではいけない。





 

表情一つ変えずに、業者の人の話をさえぎって、

「とりあえずベランダへどうぞ♪」 と業者を外へ追い出すようにうながした。








業者の人が外で作業をしている間に、和室を覗いてみたかったが、

ふすまを開けた途端に、俵太が飛び出てきたら大変なので、ぐっと我慢。








ベランダでの作業はあっという間に終わって、業者の人は早足で帰っていった。








すぐ和室の状態を見たかったが、

業者の人が何かを思い出して舞い戻ってきたら大変なので、

玄関のドアスコープからしばらく外を覗いて警戒していた。








もう大丈夫だな....








そっと和室を覗くと、久しぶりに入った和室を呑気に探検中の俵太がいた。







あ~~~、たった2,3分のために、ドドッと疲れた、そんなお昼であった...(完)








また、そんな俵太のサイトはこちら↓で~~す。

****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!
俵太の動画も見てくださいね。

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2004-07-14 19:05 | 栄えあるオマヌケぴーぷる