■恐怖の「ゴ」の思い出(その4)


恐怖の「ゴ」の思い出(その1)はコチラ!

恐怖の「ゴ」の思い出(その2)はコチラ!

恐怖の「ゴ」の思い出(その3)はコチラ!






今回もまた私が独身OL時代。

朝、出社したら、すでに誰かが飲んだのか、

食器かごの中に、飲み残しのコーヒーが入ったカップがあった。

そこで、洗っておこうとカップに手を伸ばしたその時、

カップの中のコーヒーがチャポン!と跳ねて飛んできたと思ったら、









伸身後方半回ひねりで、私の手の甲にゴが着地した!

飲み残しのコーヒーに見えていたのはブラックコーヒー色のゴだったのだ。

















ひぃいいぎゃびょどぅわぎょえええええ!
















朝から発狂する私。

あわてて手を振ってゴを落とし、落ちたゴを踏みそうになりながら逃げた。

ゴは、ちょうど出社してきた男性社員によって抹殺された。










あ~~やれやれと仕事をしていると、昼すぎに、

出張している後輩の男性社員から電話が入った。

「ちょっと悪いんですけど、僕の一番上の引き出しの中の書類を見てくれませんか?」

と言われる。

向かいの席の社員であったため、受話器を持ったままその席へ。

言われた一番上の引き出しを開ける。












シュッ












ん?何かを感じたが、そのまま言われた書類を探していると、

引き出しから食べかけの菓子パンが出てきた。




こいつは、給食のパンを残す小学生かっ!と思いながら更に引き出しの中を見ていると、

遠くから女性社員が、私にブロックサインを出しながら必死で何か言っている。

今、電話中なのよ...と思いながら、彼女が指差す私の胸元を見ると、


















見たことも無い黒いブローチが。



















あびゅばぎゃぎょひょえぎゃあああああ!!

















その後、電話で後輩男性社員に、

引き出しにパンなんか入れるな、あほーーーっ!と罵倒を浴びせた。

ゴは、近くにいた部長が、よしよしと処理してくれた。











あ~~今日はさんざんだったな~と思っていた夕方。部長に、

「すまないけど、俺のゴミ箱いっぱいになっちゃったからゴミ袋に入れてもらえる?」

と言われたので、ゴミ袋を持って部長の元へ。

ゴミ箱を逆さにしてゴミ袋に入れていたら、


















ガサガサガサガサガサ........ピョン!



















ひいぃいいいいぎゃああああああ!!!


















部長ーっ!!!


お昼のゴが死んでないじゃないですかーっ!!














もう、一日に3回もゴに出会って、ヘトヘトになったのだった...。







****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!
俵太の動画開始しました。

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2004-06-25 09:45 | 恐怖の「ゴ」
<< ■電話帳を見ているうちに... ■ヤマモモは、いかがっすかー >>