■ヤマモモは、いかがっすかー

a0021882_115043.jpg


窓から聞こえてきたピーポーピーポーという救急車のサイレンの音を聞いて、

慌てて携帯を手にして、






「はい、もしもし」






と言ってしまった自分のまぬけっぷりに、

朝から独りで妙な汗をかいている私...。






昨日、スーパーでヤマモモを見つけた。

そういえば、リスの俵太が好きだったな~と思い、買って帰った。

そして今朝、

「俵太ぁ~~ヤマモモでしゅよ~~~」

と自分でもゾゾッとするような甘い誘い方で俵太に進呈した。






俵太はしばらく匂いを嗅いだり、転がしたりしていたが、

やっと思い出したのか、手に持ってむこうを向いてガツガツ食べ始めた。

「美味しいでしゅか?」

と背中越しに問いかけたら、俵太はクルリと振り返り、


















(* ̄  ̄)うまいよ...
















ヒイィィィィィィィ!!( ̄ロ  ̄ノ)ノ









口の周りがヤマモモの赤い汁で真っ赤になっており、

まるで獲物を食った肉食獣。








うわぁ~~~~キモい!

俵太ぁーーーっ、お口を拭きなさい!!







と言うと、こちらに走ってきて、膝にピョンと飛び乗り、

私の白いTシャツで口拭いたぁーーーーっ。 Tシャツ真っ赤っか。










「なんぢゃこりゃ~~~~~~っ!!」









松田優作、自然な演技で出来ました...。






****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!
俵太の動画開始しました。

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2004-06-24 11:51 | 栄えあるオマヌケぴーぷる
<< ■恐怖の「ゴ」の思い出(その4) ■バック、バック、バック >>