■東京の星空の思い出♪

a0021882_314.jpg


独身OLの頃、夏に、東京出張に行った時のこと。

時間がかなり余ったので、大好きなマンボウを見に、サンシャイン60に行った。






すると、なにやら呼び込みの声。

見ると、プラネタリウムの上映間際らしく、

席が残りわずかなので、是非どうぞどうぞ!と手招きされた。






私は四国で生まれ育っているので、星空には不自由していなかったのだが、

時間もあるし、都会の人がこぞって見に行く星空をちょっと見たくなって

1000円ほど払って、すぐ入場した。






中に入って、空いてる席を見つけようとしたが、席が見つからない。

中にいた係りの人も、右往左往して焦っている。

どこに座ったらいいんですかーっ!と思っているうちに









真っ暗闇。

えっ? えっ? と、思っていると、











「どうぞ、こちらへ♪」










王子様が迎えに来てくれたかのように、

係りの男の人が、手を引いて連れて行ってくれたその先には、


















パイプ椅子。















マジか?! 座りましたよ、パイプ椅子。

リクライニング、ゼロ。 自分の首がリクライニング。 セルフリクライニングですか。















首痛いわっ!












しかも、上映されたのは、竹取物語(アニメ)。

「むかーし、昔、あるところに、お爺さんとお婆さんが...」 知っとるわ!!












星空は、どこいったんや~や~や~












お陰で、1000円払って、パイプ椅子で下向いて爆睡しました。とほほほ。






****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2004-06-07 03:02 | 栄えあるオマヌケぴーぷる
<< ■恐怖の「ゴ」の思い出(その1) ■こりゃうまい! >>