■蛍光灯が...

a0021882_202724.jpg

今日の朝、リビングの蛍光灯のスイッチを入れたら、電気が点かなかった。

あれ?あれ? 蛍光灯が切れたのか?






いつも蛍光灯の交換は夫がしているのだが、

帰りが遅いので、仕方なく自分で交換してみることにした。

脚立を持ち出し、丸いカバーを外す。

ん~~と、40形と32形を買ってくるんだな......_〆( ̄_ ̄* )メモメモ






ルピカパワーEDX スーパークリア色 9000時間の長寿命・明るさ5%アップ

ほほぉ~~~何かよくわからんが、良さそうじゃないか。

ピカーーーッ!と部屋を明るくしてくれそうなので、これにした。






また脚立に上って、古い蛍光灯を外す。

途中、蛍光灯と留めている金具が擦れてキーーッという音がして鳥肌が立つ。






なるほどなるほど、蛍光灯とはこういう仕組みで留めてあったのか...

勉強になるな~と思いながら、新しい蛍光灯を装着完了。

私にもできるじゃないか。

夫が帰ってきたら、威張りまくってやろう。(* ̄ー ̄)フフフッ







よし、スイッチオン!
















スイッチオン・オン・オン! カチカチカチカチ...








?????????








取り付け方を間違ったか?

いや、どうみても間違っていない。間違うほど難しくもないし。








なんじゃいっ!








電気屋さんに電話してみる。

小さいグロー球が切れてたら点かないですから交換してください。」

「そうなんですかー。わかりましたーー。すぐ買いに行きまーす!」







とは言ったものの、受話器を置いて、また天井を見上げる。








グロー球って何じゃいっ!どれだ。







ん~~~このちっちゃいやつだな。よしよし。

グロー球とやらを念のために持って、さっき電話した近くの大型電気店に行く。









蛍光灯売り場で、ウロウロ。

あーーーーっ!同じやつがあった~~!!!

お前って、ちっちゃいのに、偉いんだな~~~ Ωヾ( ̄ー ̄*)ヨシヨシ







でも、ベビー球と書いてある。なによ、ベビー球って。知らん。







どうみても、同じだと念入りに見比べていたら、店員さんが走ってきた。

「さっきお電話いただいた方ですか?」

「そうですそうです!あ、さっきの方ですか。これですよね。これを交換したらいいんですよねぇ~~ん」








「違います」


「!」








「これは俗にいう豆球ですね。オレンジ色に光るやつです」

「!!!」

「グロー球というのは、これです」

「そんなのは付いてなかったですよ」

「インバーター蛍光灯ですか?」

「あー、確かそうです。パッとすぐ点くやつです!」

「んじゃ~、グロー球は付いてないですねぇ」

「んじゃ~、どうしたら点くんですか?」









「点かないです」








「点かないんですかっ!!」

はい。本体が壊れてますね。おそらく寿命ですね」

「えーーっ、修理できますか?」

「修理代を払ってたら、新しいのが買えますよぉ~~~(-_)キラーン








というわけで、暗闇の中、地味ぃ~に暮らしております....ヽ( ̄ー ̄* )ノ おほほほほ~(壊)







****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2004-06-01 20:28 | 栄えあるオマヌケぴーぷる
<< ■遊んで♪ ■こんなカエルちゃんなら暮らしたい >>