■父からの報告



先週、父が老人性白内障の手術を受けた。






去年からメガネの度が合わないと言っていたのだが、

メガネ屋さんで度の矯正が出来ないと言われたことから、

眼科に行ったところ、老人性白内障であることが発覚したのだ。






最近の老人性白内障の手術は進んでいる。

ほとんど日帰り手術が行われている。






2回に分けて片目ずつ行われたのだが、

実家の近くの眼科に、

なにやら世界的にも有名らしい名医がいるとかで、

そこで手術をしてもらうことになった。







手術が決まってから、手術までの2ヶ月間、

父は、相当ビビッていたらしい(笑)






手術は、ガラス張りの部屋で行われ、

外から手術の様子が見えるそうだ。

また、手術中の眼球のアップ映像も、

待合室のモニターで見られる。






待合室で待っていた母は、

最初は、ちょっと怖いし気持ち悪くて見れないと思ったそうだが、







いざ始まると、

モニターをかぶりつきで見ていたらしい(笑)







手術後は、その手術中の映像を録画したビデオテープを

500円で売ってくれるので、買ったそうだ。







そして、さすが名医だけあって、

手術時間わずか10分。

午前中だけで約20人の手術をこなしたそうだ。







手術が終わったらそのまま帰宅。

小さい穴の開いた眼帯を目を開けたまま装着して安静にして過ごす。

翌日、眼帯が取れ、視力検査をしたところ、







0.2だった視力が1.2に回復!







凄いじゃないか。たった10分でこの回復ぶり!

手術を受けたお年寄りが、口を揃えて、

「早くすれば良かった」と言うはずだ。






手術後、父から電話があった。












「手術なんか痛くも痒くもないぞ。


簡単やから、お前もすぐやっとけ!!


今度おもろいビデオ見せてやるわ。ふふっ。











まだ老人性白内障になってないし、

眼球のアップビデオなんか見ても、おもしろないわ!








****************************************

別サイト・愛するリスの俵太もヨロシクね!
俵太の動画も見てくださいね。

****************************************
[PR]
by season-maro1 | 2005-03-14 21:08 | 栄えあるオマヌケぴーぷる
<< ■マロのホワイトデー報告♪ ■暮らしのアイデア >>