「ほっ」と。キャンペーン

■テンコ盛りの女の物語



お久しぶりです。

日々の忙しさにかまけて、放置していましたが、

いつまで皮膚科探してるんやと言われてもいけないので、

何年か前に書いた文章をUPして繋いでおきます(汗)

一応、バレンタインのお話です♪




****************************************************************




まもなくバレンタインだ。




今日デパートに行くと「ここは宝塚かっ!」というくらい

女がうじゃ~っとテンコ盛りであった。





 
私たち夫婦は、2月14日は単にバレンタインデーではなく、

入籍した日であるので、例年通り、







 
「また1年、離婚もせず頑張りましたね。

これはひとえに私の我慢と努力の成果ですよ。」

 

とお互いが主張しあって、ケーキでも食べようと思っていた。






 
しかし今日ちょうど用事があってデパートに出かけたところ、

女の波にのまれてしまったのだ...。
 





 
 
デパートに入ると、そこは女くさぁ~い世界であった。







一直線にチョコ売り場に向かう、女の大行列が出来ており、

当然のような顔をした女が行進していた。







そして知らぬ間に、

私の前後を鼻息の荒い女どもががっちりガードし、

私をエスカレーターに乗せ、売り場に連れていったのだ。
 
 







「はい、いかがですかぁ~ん♪」






 
 
広~いチョコ売り場に到着するや、

目の前にサイコロのかけらのような

チョコが刺さった爪楊枝が差し出された。
 
 






「あ、はい。すみません。」
 
突然のことに思わず謝ってしまう。








そして食べてみる。おいしぃ~♪

口の中でとろける生チョコであった。






 
 
「そちらはベルギー産の生チョコタイプでして、スイート味でございます。

他にビター・抹茶・ブランデーの4タイプがございまして、

もうブランデータイプは残りわずかなんですが、

他のタイプも大変人気でして、

こちらのチョコレートは普段あまり置いておりませんが、

今回は特別にご用意させて頂いたんですけど、

あまりの人気に品薄状態ですので、

お早めにお求めいただいた方がよろしいかと思うんですが、

いかがですか?」

 




 
ものすごい早回しの音声案内テープを聞かされたようであった。














 
口の中の甘い誘惑と、まくしたてる女の勢いで、

自動的に心拍数が上がる。

 












 
すると私の横の女が「スイートをください。」と申告した。























マジか?
 

















 
「え~っと、何味にしようかな。」


買う気などなかったのに、

ショーケースの中を物色している自分がいる。







普段どんなしつこいセールスもはねのける私であるが、

完全に舞い上がってしまっていた。









 
 
しかし口の中の甘さが取れてきた頃、

少し冷静さを取り戻した。










こんなすぐ決めなくても、売り場はめちゃくちゃ広いのだ。

私としたことが情けない。

他のメーカーのを見てみよう...と視線を横に振った瞬間、

またもやチョコが刺さった爪楊枝が差し出された。








 
反射的に口に運ぶ。

やっぱりおいしい。口いっぱいに甘さが再び広がる。 














 
ん?


私の口の中の糖度を、


この女に知られている!!
















 
心拍数再度上昇。

かなりグラグラきている。













視線をショーケースに戻す。

そこにまたもやチョコ付き爪楊枝が現れた。
 







 
「こちらはビター味でございます。」









 
 
またくれた。


試食に弱い性格を


完全に見抜かれている!!














ビターはやっぱり苦いな。

どうせならブランデー味をくれたらいいのに...と思っている所に、
 









 
「どうぞ!

今、抹茶とブランデー味もご用意しましたので、

ご試食してみてくださいませ!」

 









 
おっ!とうとう全部出てきた。

全部食べてみる。









やっぱりスイートが一番おいしい♪

買うならやはりスイートだな。

すっかり買う気マンマンである。









 
ずっと試食はあったはずなのに、

「今ご用意した」という女の言葉に、「わざわざ」という含みがあった。
 









4種類食べた私の周囲の客「舞い上がり組」が、

とりつかれたように次々に買い始めた。
 




















 
負けてはいけないっ!
 
















 
なんだか客の中に妙な闘争心が芽生え始めた。







在庫がなくならない内に、

自分の目当ての味をゲットしなければならない。















隣の客に取られてなるものかっ!
 













周囲の女に負けぬほど、私の鼻息も荒くなった。




自然とヒジを張り、陣地を作った。

今すぐ買わなければならないっ!!

 












チョコはどんどん売れていく。

もう1度、試食を食べてみる。













やっぱり美味しい。

やっぱり買わなければ!!















 
 


「スイート味、1つくださいっ!」
 
 










とうとう言ってしまった。

買ってしまった。
 









 
「はい、スイートですね~。

2,500円で~す!」

 













 
ゲッ!


にせんごひゃくえぇ~~~ん!

 












 
「あのう、こっちの800円の小さい方は?」









 
 

「今売り切れちゃったんです~」
 
そう言いながら店の女は2,500円の包みを袋に入れた。


















心拍数急速ダウン。鼻息停止。
 















 
とほほほ...次々に注文する女に囲まれながら、

もう引くに引けない状態に追い込まれ、

消費税込み2,625円を支払い、チョコの包みを受け取った。
 








 
「どうもありがとうございまぁぁぁ~す」
 
 
店の女の目がキラ~ンと光る。

してやったりの目である。

その女の後ろで、別の女が試食用にチョコを小さく刻んでいた。
 










 
包みを受け取り、振り返ると、

爪楊枝を手にした「舞い上がり組 第2班」がいた。














君らもやられてしまうのね...。
 




そして売り場を見渡すと、

あちこちで血走った目の女がテンコ盛り。
 
 






 
チョコが男の手に渡る前、

女はこうした修羅場を経験しているのだ...。





****************************************

別サイト・イワリスの俵太もヨロシクねん。

****************************************

[PR]
# by season-maro1 | 2006-02-13 11:57 | あ・た・し

■皮膚科に行く





日曜日に、突然39度くらい熱を出して体調を崩したのだが、

熱はやっぱりインフルエンザではなく、

ただの疲れからだったようだ。

というのは、いつも疲れがかなり溜まると現れる

デキモノが出来たからだ。







そこで、電話帳で近くの皮膚科を探して行ってきた。









あ~~あったあった。ここやな。









と思ったら、ん?

女の人が入り口自動ドアの鍵をかけようとしている。

声を掛けようと思ったら、こちらをチラリと見た女は無言で、















【午前の受付は終了しました】

という札をフックに引っ掛けて、小走りで走り去ってしまった。










時計を見ると、11時50分。

ちょっとー!午前の受付は12時までって書いてるやん!

なんやこの皮膚科は。やる気ゼロやな。









どうせこんな医者にもらった薬なんか古かったりして効果ないわっ!

と心でぶつぶつ言いながら、家に帰ろうかと思ったのだが、

あっ!確か、駅前にも皮膚科があったはずだと、

今度は駅の方へ歩いて行った。














あったーーっ!! ヽ( ̄▽ ̄*)ノ








ビルの3階にあった。

やっぱりな、思った通りや、この辺にあると思ったんやぁ~~♪

自分の勘に満足しながら、エレベーターで3階に上がり、

その皮膚科の入り口に近づいてみると、

















【本日臨時休業です】












( ̄口 ̄









んまっ!!

私は昔から「開いてるはずや」と、何の疑いもなく出かけると、

こうして閉まってることが異様に多く、

よく夫に「また変なパワー出しやがったな」と言われるのだが、

またパワー出たんかなぁ~と、

ビルを出て、どうしよ...と思いながら周りを見渡すと、


















【内科・ヒフ・整形】

の看板がっ!














またあったーーっ!! ヽ( ̄▽ ̄*)ノ










斜め向こうに、皮膚科も入ってる病院があるらしい。

3度目の正直や、急げ~~~と嬉々として小走りで走っていくと

今度はちゃんと開いていたぁ~~!!











バッグから保険証を出しながら、

扉を開けて入ったら、























【本日の診察は、内科です】



















Σ( ̄口 ̄












日替わり?!

何それ?と思いつつ、受付の人に聞くと、

「皮膚科は明日の午後で~す♪」












なんなんや、この辺の皮膚科はっ!

どいつもこいつも、やる気あんのかーっ。

毎日やれよ!!











もうなぁ~、もうなぁ~、患者が誰も来なくなって経営難になって、

泣いて土下座して頼んできても、






絶対に私のヒフは見せてやらんっ!!!







****************************************

別サイト・イワリスの俵太もヨロシクねん。

****************************************


[PR]
# by season-maro1 | 2006-01-26 11:55 | あ・た・し

■「ちょ」っとしたこと






昨日の俵太の記事に対するコメントを見て思ったこと。





物の先の部分を言う時、たとえば今回イチゴの先の部分を指す時、

私は「イチゴの先」というのだが、コメントを読んでると、






私と同じイチゴの


イチゴの先っちょ


イチゴの先っぽ



がいるようだ(笑)






どうやら、西日本の人は私と同じ「先」と言い、

東日本の人は「先」の後に、何かしら飾りをつけているようだ。






そういえば、独身OL時代、会社の掃除機の先の部分が壊れ、

先の部分だけ新たに購入し、伝票を書いたら、

東京出身の上司が、







「ダメじゃな~い。


明細のところ、掃除機の先じゃなくて、


先っちょでしょ!ちゃんと書き足しといてね。」







と言われ、( ̄口 ̄)ぽかーんとしながらも、

伝票にっちょと書き足したことがある。








また、違う日。茶葉を買ったので、

「お茶」と伝票に書いたら、







「ダメだよぉ~。


明細のとこ、お茶っぱでしょ!


きちんと書き足しといてね。」







と言われ、また、Σ( ̄口 ̄|||)ぽかーんとしながら、

伝票にっぱと書き足したのだった。

後ろに付いてないと気持ち悪いらしい(笑)








ところで「先っちょ」 と 「先っぽ」の違いって何なんやろ?






****************************************

別サイト・イワリスの俵太もヨロシクねん。

****************************************


[PR]
# by season-maro1 | 2006-01-21 11:54 | あ・た・し

■新年が明けて





もうとっくに明けてますが、

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。



m(_ _*)m ←めっちゃおしとやか








まだちょっとバタバタしているのだが、

いつまでもクリスマスの記事がトップに載ってるのもなんなんで、

新年バージョンに更新しとかなきゃ!

といいながらタイトルだけ新年で、内容は去年のクリスマス(爆)








というのも、クリスマスケーキの変遷。

以前から知ってる方にはお馴染みの話題なので一応ご報告。









ちなみに、2002年のクリスマスケーキはこれ(関西時代)

a0021882_1150513.jpg










んで2003年のクリスマスケーキ(これも関西時代)

a0021882_11511050.jpg










そして2004年、関東に引っ越して最初のクリスマスケーキがこれ

a0021882_11513788.jpg









味は美味しかったのだが、

関東のケーキは上品やけど

ケーキにパンチがない!と思っていたので、

今回2005年のケーキはこれにしました。





a0021882_11515420.jpg




ごてごてごてぇ~~~



a0021882_11521393.jpg




どこにもメリークリスマスって書いてないけど、

上品さも醸し出しつつ、パンチあるサボテンのような作品。

いいねいいね~~。

人生初のタルトクリスマスケーキ。









これだけで十分なのだが、

ケーキに、ロウソクが付いてたので、

どこに挿すんじゃい!と思いつつも無理矢理挿し込んでみました。






a0021882_11523291.jpg








もう何がなんやら、飛び出まくっとります










そしてロウソクに火をつけ、サッと立ち上がって大声で、

「ただ今より、一家の長による、きよしこの夜独唱!」

と言ったら、ビクンッ!とした夫が、直立不動で、






「え?え? は、はい。

き、きぃ~~よしぃ~~こぉ~のよ~るぅぅぅ」


;; ̄口 ̄)~♪









相変わらず意表をつくと弱い夫による

短いクリスマス歌謡ショーも行われ、ケーキを食べることになった。







しかし、このケーキ。

切り分ける難しさ、この上なし。







ぶにゅ~~~ボロボロ...ぐにょん、べちょべちょ。







カットした途端、いっきにみすぼらしくなるケーキであったが、

味は最高に美味しく、

でっかいフォークでバクバク食べたクリスマスであった。







****************************************

別サイト・イワリスの俵太もヨロシクねん。

****************************************


[PR]
# by season-maro1 | 2006-01-08 11:45 | あ・た・し

■最近の生活ぶり




金曜日になんか突然スクワットがしたくなり、

プロレスラーのように

「シャーッ!シャーッ!」とか言いながらちょっとやってみたところ、

土曜日の朝から超筋肉痛で、階段が下りられん。





普通に歩くだけでも、

時代遅れのブレイクダンスを踊っているような

ロボット人間になっとります。





あ、筋肉痛が翌日にきたというところ、メモっといてね(爆)







そんなことはともかく、寒いっ。

先日、我慢していたこたつをついにセッティングした。

でも、こたつに入ってしまうと動く気がしなくなるので、

入るもんか!とできるだけ避けていたのだが、

もう首まで入っとります。







私のことを昔から知ってる人はわかってると思うけど、

またコタツムリ状態に入りました。







コタツムリとは、こたつから首だけ出した状態。

ただ首まで入り込んだだけではない。

真のコタツムリとは、

こたつをカタツムリの殻のように背負い、


少々の場所なら、こたつを背負ったまま動く

という、自堕落な状態を指す。






そして首の周りには、

携帯、デジカメ、テレビのリモコン、ティッシュ、鼻シュッシュ、おやつなどを

円弧を描くように置き、

カタツムリが角を出すように、時々ニョキッと手を出して

リモコンなどを取り、テレビを見ながら過ごす。






んで、何のテレビを見ているかといえば、

男子フィギュアスケートを見ていた。

相変わらず舞いの美しさを競うというより回転大会となっており、

解説者も、無表情にジャンプの種類ばっかり羅列している。








「トリプルフリップ....トリプルサルコウからトゥーループ...

ダブルアクセル...ダブルトゥーループ...

トリプルアクセル...ダブルルッツ...」















もうええっ!!









そんなジャンプの種類を1つ1つ言ってくれても覚えられんし、

見分けがつかんっ!!(笑)






そんな文句をぶつぶつ言いながら、完全に虫化した生活となり、

歩くと筋肉痛でカクカクと電池が切れかかったロボットという

本格的冬を迎える前に、人間を捨て始めていることをお伝えします。





****************************************

別サイト・イワリスの俵太もヨロシクねん。

****************************************

[PR]
# by season-maro1 | 2005-12-12 11:43 | あ・た・し